仕事をしている医者

不妊治療の過程

妊婦

不妊治療は何らかの理由があって妊娠が出来ない状態を治療することを指します。妊娠ができない原因は様々で、男性側に問題がある場合もあれば女性側に問題がある場合もあります。いづれにしても2人で乗り越えていく必要があるもので、どちらか一方に任せっきりというのは不妊治療に挑む体制ではないでしょう。不妊治療は簡単に出来るものではありません。段階を経て様々な角度から妊娠へのアプローチを行いますが、多くの場合が失敗で終わってしまいます。基本的に1回で成功することはなく、何度も行なう必要があるでしょう。まず一番始めに行なう方法としてタイミング療法があります。タイミング療法とは妊娠がしやすいタイミングを見計らって子作りに挑む自然妊娠の事をさし、ホルモンバランスなどを考えて行われます。タイミング療法以外にも自然妊娠方法は存在し、例えば子宮を温める方法などがあります。

自然妊娠が上手くいかないという場合は人工授精を行なうことになります。人工授精の場合は一気に確率が上がりますが、その分難易度と費用も高くなってきます。まず体外で受精卵を作りそれを子宮に戻します。うまくいくと妊娠出来ますが、そのまま流れてしまうこともあります。何度も行う必要があり、全て失敗で終わる場合もありますし、成功することもあります。失敗する時は排卵が適切に行われていない場合があるため、排卵を促しながら行う場合もあります。料金は1回当たり数万円から数十万円かかってきます。